カダラの不思議。どうしてこんなに複雑なんだろうか。

虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管内が狭まってしまって、血流が途切れ、酸素や色々な栄養が心筋まで届かず、筋肉細胞が機能しなくなる重い病気です。
ストレスが蓄積していく原理や、便利で有用な抗ストレス方法など、ストレスにまつわる全体的な知識をお持ちの方は、そんなに多くはありません。

脚気(beriberi)の症状は、主に四肢がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の著しいむくみなどが典型で、症状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは心不全を呼び込む可能性があります。

強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間で緩衝材みたいな役目をする椎間板(ツイカンバン)という名称の柔らかい線維軟骨が飛び出した状態の事を表しているのです。

毎年流行するインフルエンザの予防テクニックや治療方法というような必ず行われる対処策は、それが例え季節性インフルエンザでも新型インフルエンザでも変わらないのです。


「ストレス」というものは、「溜めないようにすべき」「取り去るべき」と思われがちですが、其の実、私たちヒトは色々なストレスを感知しているからこそ、活動し続けることに耐えられるようになっています。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日以降は正式に定期接種になることによって、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で個々に接種してもらうに変わりましたのでご注意ください。

クモ膜下出血とは実に8割以上が脳動脈りゅうと呼ばれる脳の血管の不要な瘤(こぶ)が破裂してしまうことで起こってしまう深刻な脳の病気として認識されるようになりました。

拡張期血圧90以上の高血圧が長引くと、血管に重い負担となり、頭頂からつま先に至るまでありとあらゆる場所の血管にトラブルが生じて、合併症を起こす確率が高まるのです。

冠動脈の異常である狭心症の外科的な治療法ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス術(CABG)」の2つの術式が標準的に実施されています。


素人が外から眺めただけでは骨折しているのかどうか区別がつかない場合は、痛めてしまった部位にある骨を優しく指で押してみてください。そのポイントに激しい痛みが走れば骨が折れているかもしれません。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が損傷を受けてしまったため、結果として膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが出なくなり発病してしまうというタイプの糖尿病なのです。

2005(平成17)年より新たにトクホ(特定保健用食品)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との言葉の記述が義務となった。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があり、大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響を与えるのです。

下腹の強い痛みの元凶となる病には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、卵管の病気など、様々な病名がみられるでしょう。


セノビックの体験はこちらから。→セノビック公式サイトはこちらから